葉酸のサプリメントの働きとは

葉酸のサプリメントとは、食事での摂取に比べてより効果的に身体に摂りいれられるように、その成分中で身体の中に吸収される前の成分のひとつモノグルタミン酸型をタブレットタイプやカプセル型にしたものです。これと比べて食事から摂取する葉酸は、ポリグルタミン酸型と言う成分で、身体の中にある消化酵素によりモノグルタミン酸型となった後に吸収されます。

このように葉酸サプリメントから摂れる葉酸も食事から摂れるそれも、結局は体内で吸収される際は同じ型となりますので、サプリメントでの摂取は食事での摂取をきちんと補うことができるのです。食事で摂取するポリグルタミン酸型は、体内で吸収するために酵素で分解され、モノグルタミン酸型となります。ですがその量は減少します。食事等での摂取ではサプリメントでの摂取の約4分の1なのです。

そのため食事での摂取の方が吸収量が低くなってしまいますので、サプリメントでの摂取はとても効率が良いのです。厚生労働省が発表している1日400μgを摂取すると言う場合に、食事だけで400μgでは結果として不足してしまいます。そのためサプリメントで補うことが必要になります。サプリメントと食事での吸収量の違いを表すために、「相対生体利用率」があります。

これは実際に身体の中に摂取した成分のうち、どのくらいの量がきちんと身体にに吸収されるかを示します。サプリメントの相対生体利用率は85%と非常に高いのです。ですが食事からの場合は50%にしかなりません。そのため食事から摂取するのか、あるいはサプリメントから摂取するのかによって摂取量が大きく変わってきます。

また食事で摂取する場合には、いくつか注意する点があります。それは葉酸自体が熱にとても弱く水に溶けやすいことです。このため生の野菜等での量と、調理後の量を比較すると、半分程度になってしまうのです。結局生の野菜に含まれる量は調理になどの加熱によってその量は2分の1となってしまい、それに加えて相対生体利用率が50%なのでさらに半分となってしまうのです。

結果として食材に含まれる葉酸のうち、体内に吸収されるのは4分の1程度になってしまうのです。食事からだけでは不足しやすいと言われる理由はここにもあります。葉酸サプリメントの働きは、食事では十分摂取できない分を効率的に摂取していくことにあります。ですので積極的にサプリメントで摂取して行くことが重要です。